『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『中川正文先生の講座』
 先月の30日は、大阪府高槻市の生涯学習センターにて開催された、絵本講座を受講してきました。

けやきの森市民大学


4月(だったかな?)の応募締め切り直前に見つけて、ぎりぎりで応募し、受講することができました。


高槻はちょっと遠いけど、講座は土曜日だし、なんといっても一時保育もあるし!
ということで迷わず応募しました。


本来この講座は6~7月の3回で終了する予定でしたが、6月の1回目の講座の後、先生が入院されたとかで、日程が変わり、8月30日の修了になったのでした。(子ども達の体調もよく、全部受講できてよかった!)

講師の中川正文先生は、大阪国際児童文学館(←橋下知事につぶされかけている!)の名誉館長で、私が所属しているNPO法人「絵本で子育て」センターの顧問でもあります。
絵本『ごろはちだいみょうじん』(梶山俊夫 絵,福音館書店)や『ねずみのおいしゃさま』(山脇百合子 絵,福音館書店)などをかかれている作家でもいらっしゃいます。


さほど絵本に興味があるわけでもなかった私が受講した「絵本講師・養成講座」での、第一回目の講師がこの中川正文先生でした。
先生のお話に衝撃と深い感銘を受け、まさに人生が変わったという体験をしました。


そんな先生の講座ですから、いつも一番前に陣取って一生懸命おはなしを伺いました。


1回目の講座は絵本とは何か、ということで、以前に伺ったお話もあったのですが(でも、何度聴いても身の引き締まる思いがします)、
8月の2回目,3回目の講座はなんと絵本を写したスライドを使っての講義でした。
年齢に応じたポイントや、いい絵本悪い絵本についてなど、具体的に「これはダメ、ここがおかしい」等のお話もあって、本当に時間があっという間に過ぎてしまいました。
3回目は20分ほど時間もオーバーしましたが、先生も「まだまだあと2日くらいは話したいんだけど…」などとおっしゃりながら、名残惜しそうに終了されていました。(私ももっと聴きたかった!)


私は先生とわずか2メートルほどのところに座っていたのですが、だからこそ、先生の絵本に対する情熱がビンビン伝わってきて、圧倒されてしまいました。80代後半のお年寄りとはとても思えない!
でもユーモアもあって思わずクスリと笑ってしまうことも度々あり、2時間という時間があっという間でした。






スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

【2008/09/03 05:46】 その他 | トラックバック(0) | コメント(2) |
『近況』
なんと4ヶ月ぶりの更新!

仕事が忙しかったというのもありますが、ただ単に根性がないだけです


絵本にまつわる最近の状況。


おうちではあいかわらず子どもたちと楽しんでおります。
でも寝る前の絵本は1冊だけのことが多いです
「お母さんもうムリ!」と言って途中で終わって寝てしまうこともしばしば。
昨日も『番ねずみのヤカちゃん』をリクエストされたのですが…、やっぱり「もうムリ!」と叫んで途中で終わってしまいました。
番ねずみのヤカちゃん (世界傑作童話シリーズ)番ねずみのヤカちゃん (世界傑作童話シリーズ)
(1992/05)
リチャード ウィルバー大社 玲子

商品詳細を見る


学校では、

やっぱり毎日読んでいます。
今年は中1!反応もカワイイです。
最近印象に残った絵本はコチラ。

ぼくがラーメンたべてるときぼくがラーメンたべてるとき
(2007/08)
長谷川 義史

商品詳細を見る


学校図書館については、ただいま改革中。
新しい本棚がやってくるし、
電算化に向けて動き出しているところだし、
ブックトークの勉強もしなくちゃだし、(「CHENGE!」というテーマで2~3冊探しておくというのが目下の課題)
忙しいです。

【2008/07/24 08:38】 学校図書館 | トラックバック(0) | コメント(1) |
『JPIC読書アドバイザー』
先週末に修了式を終え、無事に「読書アドバイザー」になることができました。


でも…「本のソムリエ」になるには、読書量があまりにも少なすぎるし、では絵本を専門に、といっても、コチラもまだまだ全然だし…


ひたすら勉強あるのみですね。まだまだ修行せねば。
とはいえ、とにかく「本」と名の付くものは大好きで、周囲に活字がないと気が狂いそうになるので、「勉強」「修行」といってもそんなにいやな気はしません(ホントか?)


1冊の本をつくるのも人なら、手渡すのも人。もちろん読むのも人。
1冊の本をめぐって、こんなにもたくさんの人たちが関わっているのだ、ということを知ることができた講座でした。


さあ、がんばるぞー!!

テーマ:読書に役立つ情報 - ジャンル:本・雑誌

【2008/03/11 00:29】 その他 | トラックバック(0) | コメント(3) |
『学校図書館のお引っ越し』
かなり久々の記事になります。
今までお休みしていたのは、気分的な問題も大きいのですが、仕事も忙しかったからなんです。「忙しい仕事」とは


学校図書館のお引っ越し


校舎建て替えで、図書館以外のものもすべて仮設校舎から引っ越すのですが、私は司書教諭なので図書館担当。


新図書館のレイアウトから、荷造り・荷解きの段取りまですべて一人で考えなければならなかったので、結構たいへんでした。


もともと仕事が遅い上に、他の業務もこなさなくてはならなくて…。
図書館のお仕事だけできれば、こんな楽しいこともないのでしょうけどね。


次の課題は利用者の多い、みんなが行きたくなるような魅力ある図書館づくり。
位置的には思っていたほど悪くないので、ここが腕のみせどころ!?
でもこれがすごいプレッシャーだったりします。


でもホントの次の課題はいかに書架を買ってもらうかかも。文部科学省の基準の半分以下しか本が置けないんですもの

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育

【2008/02/01 06:41】 学校図書館 | トラックバック(0) | コメント(2) |
『絵本の題名』
おとといのこと、2歳の娘に「今日は何読む?」と尋ねたところ、
「おばあさんのずぼんのおはなし」
という答えが返ってきました。
「???」
そんな絵本あったっけ?
本棚の前で「どれ?」と尋ねながら探すと…
みつかったのは
『タンタンのずぼん』いわむらかずお 偕成社 でした!

タンタンのずぼんタンタンのずぼん
(1976/01)
いわむら かずお

商品詳細を見る


たしかに「おばあさんがつくってくれたタンタンのずぼん。」からおはなしははじまります。
でもでも、わからないよ~
でも子どもの視点っておもしろいな~って思いました。


この『タンタンのずぼん』は子ども達のお気に入りなんですが、「タンタンのやつ」とか「びよーんびよーんの本」とか、呼び名が安定しません。
でもちゃんと何の絵本かわかっていたのですが、今回の「おばあさんのずぼんのおはなし」だけは予想外でわからなかったな~

テーマ:読み聞かせ - ジャンル:本・雑誌

【2007/12/07 06:47】 その他 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。